1. HOME >
  2. 健康住宅

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

ファースの家 健康住宅住まいも、その材料も爽やかに、生き生きとさせる事こそが、そこに住まう人々の穏やかな快適さなのです。

「健康住宅」という言葉が多く聞かれるようになりました。
人の営みの中で最も大切なもののひとつであり、おそらく人の買い物の中でも最も高価なものである住宅を、「健康な住宅」にしたいというのは当然と思います。
しかし、何を持って「健康住宅」というかの定義はありませんので、一部分の部材に健康素材を使って、全てが健康で本物だと販売された住宅や、家の一部に使用している部材や材料だけをクローズアップして、あたかも家の全てのシステムが健康素材のみで造られているように宣伝・販売されている住宅も「健康住宅」と言えばそうなります。

私達は、住む人はもちろんのこと、家の構造体も健康であるような配慮がされた、真に快適な住宅が「健康住宅」と考えています。
冬は暖かく夏は涼しい、家の中がジメジメせず空気が爽やか、断熱材や構造体(木材)が腐ったりしない、そんな住宅です。
そのためには、住宅を生き物と捉え、そこに呼吸する事や自ら体温の調整ができる仕組みを与える事で、それにはしっかりとした断熱と気密を行い、居住空間を外部からの影響を受けないようにする事が大事です。
中途半端な気密は住宅を死体にしてしまい、呼吸を奪う事によって、ついには骨組みや肉体に相当する木材などの建築材料を死滅に追いやります。
また、住宅の内部に温度差をつける事もヒートショックにつながり、住む人の健康に大きな負担をかける事であり、それに対処療法的に「暖房」をする事は、今のエネルギー事情を考えた時、無駄な負荷(エネルギー)を生みます。

住まいも、その材料も爽やかに、過剰な負荷をかけずに穏やかに、生き生きとさせる事こそが、そこに住まう人々の爽やかさであり、穏やかな快適さなのです。
『建材・設備や構造、工法などはハードウェア、間取りや住まい方などはソフトウェア』などと切り離した考え方はせずに、家の性能も暮らし方も全て関連付けて考えなくてはいけません。

「ファースの家」には、「生き物としての住宅」の発想から幾多の工夫と知恵が施されています。

そのほとんどが完成後は「目に見えない」ものばかりですが、
お住まいになっている方々のお顔にこそ「ファースの家」の真価があります。

「ファースの家」って、どんな家?
私達は『「ファースの家」って、どんな家』の問いにはこのように答えています。『快適さに必要な機能を徹底して追求した高機能住宅です。』と・・・
時に「ファースの家」は「革命的住宅」とか「画期的発想住宅」とか言われます。しかし、真に快適な家を目指す事は住宅創造を生業とする者にとっては当たり前の事でしかありません。
「ファースの家」ってなに?