ファース工法でつくる住宅は、高性能・高機能な健康住宅

新築一戸建て・注文住宅ポータルサイト

ファース本部からのお知らせ

TOPICS

HOMEファース本部からのお知らせファースの家・健康調査票について

ファースの家・健康調査票について

2016.12.01

断熱性能の高く暖かい家に住む人は、寒い家に住む人より疾患率が低く、良い健康状態であるとのデータが大学などの研究で明らかになっております。
一般社団法人・健康省エネ国民会議の活動の一環で、高断熱住宅の中でも調湿性能を持つ「ファースの家」のユーザー様に限っての健康調査を行っております。
健康省エネ国民会議の研究に関わる先生方のデータをもとに法政大学・工学博士の川久保講師がまとめた「健康調査票」をファースの家にお住いの方、1,000棟に発送致しました。
ファース・ニュースで告知し、メールで確認できた工務店様からのユーザー様に送付いたしております。
12月下旬までにすべてを回収しますが、個人情報であり、そのまま研究機関に納付いたします。
データ解析の後には学術文献にも記載されることになりますが、ファース・グループではファース・ニュースや住まい新聞で広報してまいります。