ファース工法でつくる住宅は、高性能・高機能な健康住宅

新築一戸建て・注文住宅ポータルサイト

2018.06.07

★あずま実験室★


こんにちは。
30倍発泡エアクララと、その他100倍発泡断熱材を比較出来るものを入手致しました。
お客様に説明するとき、ほんとに便利です。
せっかくなので、お客様に見て触ってもらうだけでなく、色々実験してみたいと思います。

今回のテーマは『透水(湿)性』
ではスタート

①ここに、2つの発泡断熱材があります。
左は、弊社採用、ファース工法の「30倍発泡 エアクララ」右は「100倍発泡その他断熱材」

②この2つに、同時に同量の水を入れてみます。

③30分後。特に変化は見られませんね。

④3時間後。右のその他発泡断熱材は、じわじわと水を吸い込んできています。

⑤6時間後。差は一目瞭然。

⑥一晩経って、右は完全に水を吸収していても、左のエアクララは水がそのまま残っています。

この実験結果から分かるのが、2つの透水(湿)性の違いです。
水を通しやすいってことは、湿気を通します。湿気を通すということは、熱が伝わりやすい・・・
断熱材なのに・・・
逆もまた然り。しかしエアクララはさすがですね。結果で示してくれます。
見た目は似てますが、性能は別物です。
100倍発泡は、確かに安価というメリットもあります。
家を建てる基準は人それぞれ。   
・・・でも、性能のいい家でずーっと快適に暮らしたいっていうのが大事な基準になっている方は、
断熱材の違い、しっかり知っておいて下さいね。

********************************************************
~あなたの家のおかかえ職人~  有限会社東住宅産業
〒994-0026
山形県天童市東本町3丁目6-36
tel.023-654-6611
fax.023-654-6610
e-mail info@azuma-j.com
HP http://www.azuma-j.com
【Instagram】 azuma_j  東住宅産業「快眠の家」
【Facebook】 有限会社 東住宅産業「快眠の家」

*********************************************************