ファース工法でつくる住宅は、高性能・高機能な健康住宅

新築一戸建て・注文住宅ポータルサイト

2020.10.19

枝と根

初雪の便りが聞こえるシーズンになってきましたね。

そろそろ雪虫を見かける人も出てきたのではないでしょうか?(私はまだ見ていません)

今回は、宅地建物取引士の私から簡単な小話を一つ。(宅建の試験にもたまに出ます。)

①この時期冬に向けて枝から広葉樹が葉を落としています。

自分の家の木から落ちる葉は気にならないが、よそから風で飛ばされて玄関前にたまる枯葉はウットオシイ。

まとめて捨ててしまおう。

②隣の木の枝が、自分の家の敷地にはみ出して来て庭に影を落とす、葉も落とす。

ウットオシイ。

邪魔。

なので切ってしまおう。

③自分の敷地の境界線近くに、お気に入りの植物を植えようとしたら、隣の家の木の根があった。

ウットオシイ。イライラする。

なので切ってしまおう。

④隣の家のリンゴの木の実が、昨日の強風で自分の庭にタクサン落ちていた。

ラッキー、オイシソウ。

食べよう。旨い。


※このうちやっても法的に問題ないのは①と③

②と④はやっちゃダメですよ。

(特に枝と根については真逆の回答ですのでお間違えないように覚えてくださいね。)

一応近所づきあいもありますので、お互い話し合いで解決しましょう。

また自分の庭に木を植えている方は、自分が気にならなくても、お隣さんの立場に立って考えてみてくださいね。