地域画像【岡山県】

株式会社大井工務店

新築実例

平成17年9月施工
J邸

ご主人様73歳、奥様65歳の二人暮しで、現在の日常生活動作としては、奥様の方は、膝が痛い程度で普通に生活されています。ご主人様の方は、歩行時はほとんど杖を使用されている状態です。
隣には長男夫婦が住んでおられるのですが、これから先もできる限り、自分達の事は自分達でやっていきたいという思いを一番大切に考え、できる限り歩く事、動く事がおっくうにならないよう、また介護する側の負担も少しでも楽にできるよう、段差、動線を工夫しました。
プライベートを確保しながら、また、お友達やご近所の方々が気軽に訪ねて来られるよう、開放的なイメージにするため、表側は全面、掃き出し窓にしました。限られた狭い敷地ではありましたが、何度も話し合いを重ね、施主様・施工側共に納得・満足のいく住まいづくりができました。
バリアフリーはもちろんなのですが、この先、車椅子をご使用されるようになった時の事も考え、玄関へのアプローチにスロープを設置しました。そして、玄関框も段差なしとしました。
ただ、段差がないということは、ちょっとの腰を掛ける所もないという事で、靴の脱ぎ履きが不便になると考え、入口に折りたたみ式の腰掛と手摺りを取り付けました。
また、トイレの扉を左右両方に取り付けた事で、移動がしやすく、さらに緊急事態が発生した時にも対応がしやすくなったと思います。
機器類の使用に関しては、安全面と経済性を考え、オール電化住宅をお勧めしたのですが、
最初はクッキングヒーターとかお風呂の自動湯はリなどが使えるかと心配されていましたが、現在は(機器類の使用)慣れられて「よかった」と喜んで下さっています。
日常生活に関しても生活しやすくなったと言って下さり、その言葉は施工いたしました私達にとりまして、何よりうれしいです。
今回はたまたま新築という大掛かりな工事でしたが、手摺り1本の取り付けでも生活がしやすくなったと、喜んでいただけるような仕事をこれからもしていきたいと思います。

主寝室

立ち座りのしやすいベッドを配置しました。

キッチン

IHクッキングヒーターに人工大理石のかわいらしいシンクがキュート

リビング・ダイニング

落ち着いた和室でのんびり。

洗面台・UT

車椅子でも問題なくご使用いただけます。

浴室

ユニットバスは冬でも長時間あたたか。
浴槽の高さも出入りしやすいサイズ。

トイレ

介助のしやすさと、緊急の場合、左右どちらからでも開けられるトイレ。

玄関・階段・ホール

段差なしの玄関は、靴の脱ぎ履きが難しいため、たためるベンチを取り付けました。

外観

車椅子でも移動できるようにスロープの勾配をゆっくりにしました。

このページの最上部に戻る