地域画像【岡山県】

有限会社建築工房蔵

2011.01.17
配筋
 現在、新築工事中の木造住宅のベタ基礎で、鉄筋の配筋です。この段階でのチェックポイントは、

①防湿シートの重ねは200m/m程度取れているか?

②異形鉄筋(ぼこぼこ節がある鉄筋)の太さ、間隔は図面通りか?

③スペーサーブロックのピッチ、かぶり厚さ(底版60m/m、立上り40m/m)が確保されているか?

 土間のコンクリートを打つと見えなくなってしまうので、厳重にチェックしました。このあと、コンクリートを打つのですが、コンクリートの水セメント比、強度、スランプ等は、業者任せにせず、配合を把握しておきます。
 ギュッと詰め込んで配筋についてレポートしました。それでは、本年も目を赤くして(卯年だけに・・・)毎日の仕事に取り組んでいこうと思います。どうぞよろしくお願い致します!!

こちらのブログに関するコメント

現在、コメントはありません。

コメントを投稿する

必須お名前

※こちらに入力されたお名前が公開されます。

任意URL
必須メールアドレス
必須コメント

※全角1000文字以内でご入力ください。

このページの最上部に戻る